2019年05月20日

作業手順、考慮

1905201.jpg

コロコロお天気の本日は、207シエロ君の色々整備からお仕事開始。

前回交換から5ヶ月&6,000km弱走破のエンジンオイル。
汚れもあったので今回もエレメントは同時交換。

他、少々消費癖がありますので、小屋お薦め添加剤もゴクリ。

1905202.jpg

しつつ、夏日気温以上で効きが弱いとの事でエアコンシステム点検。
少し喉が渇いている様ですので、R134a200gボトル1本ゴクリ。

天候が不安定なので、ATフルード交換作業は明日以降に持ち越し。

空いた時間で、小屋流ヘッドライトクリーニング。
車体右が処置済み、左が処置前。結構な違いは写真でも伝わるかな?
posted by ゴス at 16:21| 日記

2019年05月19日

交換して補充して

1905191.jpg

朝から快晴の日曜日、307CC君のパワーウインド系整備を再開。

届きたてホヤホヤのレギュレーターアッセン¥26,100なり。
モーター別体だから安い? モーター別体なのに高い? 微妙な金額。

1905192.jpg

交換作業終了後には、効きの弱かったエアコンシステムを点検。
高低圧共に低めなのは、少々お腹が空いている状態と判断。

R134a200gボトル2本弱ゴクリにて、ビンビン冷気を入手です。
posted by ゴス at 17:36| 日記

2019年05月17日

地に足ついた

1905171.jpg

蒸し暑い気がする本日、埼玉県某所の外注専門病棟までお出かけしてみたり。

仏製メガーヌRS君の純正18インチホイール。

ぱっと見も、よーく見でも綺麗に修正されている事を確認しつつお引き取り。
んで、10日ぶりに着地です。

1905172.jpg

こちらは小屋定番化しつつあるプレゼント。塗装したらタッチアップペン。
posted by ゴス at 16:09| 日記

2019年05月16日

緊急入院

1905161.jpg

晴れ時々曇りの本日は、307CC君が初めましてのご来小屋。
乗車時に窓半落ち〜パワーウインド操作にて全落ち状態にてお預かり。

1905162.jpg

ど定番の部品お疲れ様の様子ですが、手配しつつ応急処置。

内張り脱、モーター一体のコントロールユニット脱。
切れて、こんがらがっているワイヤーを処置しガラスを定位置まで上昇。

ドア閉めて隙間をテープで養生。夕立あっても大丈夫です。
posted by ゴス at 19:00| 日記

2019年05月15日

記録更新

1905151.jpg

曇のち晴れてきました本日は、初来小屋の5008君を各部観察。
軽度の擦過傷治療の為にお預かり。転院前&部品到着前、小屋にinしてみる。

全長、全幅ではクーペ407君よりも若干小柄ですが、
全高1650mmと体重1,690kgボディーにて、小屋史上最高のパツパツ感。

GT Blue HDi、最新クリーンディーゼル。煙は無論、排気臭も感じません。

1905152.jpg

こちらが到着した外装交換予定部品。車が大きいと、部品も大きい。



posted by ゴス at 16:32| 日記

2019年05月14日

106祭り

1905141.jpg

曇のち雨降り予報の本日は、106S16君の油脂類交換からお仕事開始。

ペトロカナダエンジンオイル交換。
汚れ極小、走行距離の伸びも少ないのでエレメントは1手間掛けて続投。

次いで、操作フィールの違和感と、小さな異音を発生しているパワステ。
リザーブタンクより吸い上げ、適量注入、エンジン始動×2回。良い感じです。

1905142.jpg

こちら106ラリー君もエンジンオイル交換。
前回作業時とオイル銘柄が変わりますので、こちらはエレメントも同時交換。

次いで、前後向きを入れ替えてから、テールエンドサイレンサー交換に着手。
Supersprint製から、オーナー様お持ち込みの「Gr.Nっぽマフラー」

1905143.jpg

噂には聞いていた、和歌山県某所さんの手作り感溢れ出ているサイレンサー。
取り付けには創意工夫も要しますが、これはこれ、良い意味でGr.Nっぽ。

排気漏れ無しを確認後、長過ぎるステー左側をカットしたら作業終了です。

posted by ゴス at 16:30| 日記

2019年05月13日

デリ職人

1905131.jpg

明るめ曇り空の本日は、206CC君の電動ルーフオイル漏れ修理に着手。
想定必要部品は全て本国生産終了故、正規ディラー様では修理不可能状態。

1905132.jpg

んで、手配したのは油圧シリンダー分解&再生専門の職人さん。
トランク内に座、手慣れた手順で内装脱、配管脱、シリンダー脱。

1905133.jpg

こちらトノカバーフラップシリンダー、センター緑色のOリング。
経年変化により、数本のクラックと少し痩せてしまっているご様子。

Oリング交換、ついでにリザーブタンク内のシリンダーオイル全量交換。
組み戻し、動作確認。オイル漏れ完治を確認しつつ、あと一手間掛けます。
posted by ゴス at 16:34| 日記