2018年07月04日

本国仕様

1807041.jpg

明るめ曇り空の本日は、106ラリー君の継続検査in多摩陸事からお仕事開始。

検査ライン入り口から何となく感じた嫌な予感。
本国仕様のヘッドライト、ロービーム計測されるとカットラインが右上がり。

本年6月1日から適応の新検査方法では見事に?不合格。
対策を施し、明日リベンジさせて頂く所存です。

1807042.jpg

こちらお薦め整備が終了した306スタイル君は、足元リフレッシュにお出かけ。

185/65R14、新調するタイヤはPIRELLI製CINTURATO、P6を選択。
良い感じになりましたが、懸案のアイドリング不調が、、、こちらも明日!
posted by ゴス at 17:23| 日記

2018年07月03日

誤:日製 正:洪製

1807031.jpg

早朝3時からテレビ観戦の本日は、洪製スプラッシュ君の車検整備に着手。
満5歳にして走行距離は13,000km強の低走行車両。

油脂類、エレメント類、プラグ等々、小屋在庫は1個も無し故、手配済み。

1807032.jpg

バッテリーは見慣れたDIN端子。ホイールはナットでは無く、ボルト。
日本車っぽい顔してますが、輸入車である事に気がつかされました。
posted by ゴス at 16:06| 日記

2018年07月02日

食べ過ぎ注意

1807021.jpg

朝から快晴なりの本日は、106ラリー君の車検整備からお仕事開始。

別サイクルのエンジンオイルを除き、油脂類、エレメント類、プラグ等々。
定番メニューを進めつつ、各部点検とかしてみたり。

満15歳にして走行距離は53,000km。キチンと整備されている健康優良児。
定番ゴトン音+窓全開時のドア開閉に伴うビリリ音。分解、処置、完治です。

1807022.jpg

こちら冷えている感が減少したとの事で、エアコン点検。

コンプレッサーはonしてますが、新車からノンチャージのガス減ってました。
R134a200ml缶を1.5本と、WAKO'S製PAC25gゴクリ。

ビンビン手前のビンビ程度。腹八分目で抑える=システム長生き狙いです。
posted by ゴス at 16:37| 日記

2018年07月01日

カラー番号NH0

1807011.jpg

朝から快晴の7月初日、AT関連整備を終えた307CC君のお返し作業。
と言っても、オーナー様の意向にて洗車は無し。

京都出張のお土産、原告八ッ橋。感謝です。

1807012.jpg

こちらは車検整備にてお預かりした106ラリー君、のホイールキャップ。

落ちかけていた塗装をシンナー、400&800&1000番耐水ペーパーで下地処理。
清掃、脱脂後、ホンダチャンピオンシップホワイトでタッチペイント。

写真で見ると綺麗ですが、近づくとまだまだ作業工程途中。
この後、クリアー塗布、2000番で水研ぎしてからコンパウンド仕上げ予定。
posted by ゴス at 16:02| 日記

2018年06月29日

初選択

1806291.jpg

梅雨明しましたねの本日は、205ラリー君のブレーキ系整備に着手。
前回の交換時期は不明ですが、残5mm程度だったフロントパッド選手交代。

1806292.jpg

小屋お薦めのDIXCEL製、タイプZ辺りを選択したかったけど、納期未定。
検討した結果、FERODO製DS2500を選択してみる事に。

この形状のパッド、左右を迷う事がありますが親切丁寧、指定済み。
明日の定休日、馴らし&熱入れ、何処でしようかな?



多分、あそこ。
posted by ゴス at 16:38| 日記

2018年06月28日

メニュー作成系

1806281.jpg

曇のち晴れ間予報の本日は、306スタイル君が初めましてのご来小屋。

入手されて3ヶ月足らずで、10,000km走破と近年では稀な走る系車両。
本年11月の車検を前に、法定12ヶ月点検に準じた健康診断を実施。

エンジンオイル、エレメントを同時交換しつつ、各部点検。
総走行距離は38,000kmですが、お年を感じさせるお疲れ様箇所も発見。

重要度とご予算を考慮しつつ、整備(松竹梅)メニュー作成です。

1806282.jpg

と、こちらは先にお預かり&既に転院済みの406クーペ君の交代予定選手群。

タイミングベルト、各テンショナー、各プーリ、ドライブベルトまで。
V6エンジン、ベルトも長いし、構成部品の数も多いです。
posted by ゴス at 16:46| 日記

2018年06月27日

定番、ゴトン音

1806271.jpg

朝から蒸し暑い本日は、倅106S16君の定期メンテナンスとか行なってみたり。

先ずは、前回時期失念のエンジンオイル交換から。
汚れも少なく、粘度も適正範囲内と思いますが、エレメントも同時交換。

1806272.jpg

後、106系では定番と思える、パワーウインド操作時の異音修理。
ウインドを下げきると、ガラスとドア内部がゴトンと接触。

小屋常時在庫、耐候性重視のスポンジテープを適材適所。解決です。

posted by ゴス at 16:59| 日記